占いスキルアップ!夢占い資格おすすめ情報サイト

夢が導くあなたの未来

 

潜在意識の部分が夢に出やすい

夢は自分の本当の気持ちを探るための手がかりになる場合もあるのです。

 

夢を占うことによって

自分が幸せになるためにはどうしたらよいのか、どう行動すればよいのかを知ることもできるのです。

 

夢の中には予知夢というものもあります

未来を予測させるような夢を人は見ることもあります。

 

 

 

夢占いは夢の中で自分の願望や自分の本当の気持ちなどが現れるため、意味のない夢のように思えても、実はそこには隠れた真実が現れていることもありますので、的中率が高い占いでもあります。

 

人の意識には、普段自分がやりたいことや、考えていることなどが現れる顕著意識というものと、あまり意識していない顕著意識という二つの意識があります。

 

この潜在意識の部分が夢に出やすいため、夢は自分の本当の気持ちを探るための手がかりになる場合もあるのです。

 

例えば、普段から目標を持ち、日々努力をしている方が、その一方で努力するのが、本当はつらいと潜在意識では感じているにも関わらず、自分ではそれをあまり意識していなかった場合、夢の中で反動としてその思いが出てくることもあるでしょう。

 

他にも、本当は別の人が好きだったにも関わらず、現在、交際しているのがあまり好きな人ではなかった場合にも、夢で自分の本当の気持ちが現れることもあるかもしれません。

 

つまり、夢を占うことによって、自分が幸せになるためにはどうしたらよいのか、どう行動すればよいのかを知ることもできるのです。

 

また夢の中には、予知夢というものもあります。これから先、将来、起こることが自分の夢の中で知ることもできます。不思議な力のようにも感じますが、実は、これも人間に備わった力なのかもしれません。

 

また人には予感というものもあります。もうすぐ恋人や友人などが急に訪ねてくると思った時、実際にその通りになった経験はないでしょうか。こうしたちょっとした予感のような不思議な力も、誰もが持つ力なのかもしれません。

 

このような予感が当たるのも、これまで積み上げてきた経験や、普段の日常生活の中で、ある予兆のようなものをなんとなく察知することもあるのではないでしょうか。

 

夢も予感と同じように、経験や予兆、潜在意識、自分が普段意識していなかった深層心理などが複雑に絡み合っています。
こうした未来を予測させるような夢を人は見ることもあります。

 

つまり夢占いは、自分の内面を知るきっかけにもなりますし、近い将来の自分の運命を知る手掛かりにもなるのです。

 

潜在意識が見せる夢を占おう

 

夢のお告げ

夢の力は相当に素晴らしいパワーを秘めているといっても過言ではありません。

 

夢を読み解く

自分の本当の気持ちや、将来どうすれば幸運を引き寄せることができるのか、またどんなことに注意すればよいのかを、夢を読み解くことによって知ることができるのです。

 

自分の見た夢

どうしてこのような夢を見てしまったのか、今の自分の精神状態や深層心理なども知ることができるでしょう。

 

占いには様々なものがあります。中には夢を占う職業や夢についてアドバイスをする仕事もあります。占いだなんて非科学的ではないの?と疑う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

科学や音楽に貢献した偉人達の多くも夢のお告げで様々な発見をしたり、これまでにはない新しい楽曲が夢から目覚めると、頭に思い浮かんだという例も数多くありますので、夢の力は相当に素晴らしいパワーを秘めているといっても過言ではありません。

 

化学者ケクレの場合、ベンゼン分子の構造を夢で思い付き、ベートーベンは夢から目覚めた時に突然、メロディーが頭に思い浮かんだと証言しています。

 

夢は脳がレム睡眠時に見ます。レム睡眠時には、眼球や脳が起きている時と同じように活発に動いている状態なのですが、起きている時と同じ覚醒状態とはまた違うのです。

 

視覚をつかさどる大脳皮質や動きなどを感知する部分が活発に動いている状態で反対に、意識を伴う行動や、論理的判断力は失われている状態です。

 

そのため、普段の常識にはとらわれない常識を飛び越えたアイデアなどが浮かびやすくなることが、現代の脳科学で解ってきています。

 

夢についても人の潜在意識の力が思い切り発揮されたものであるため、自分の本当の気持ちや、将来どうすれば幸運を引き寄せることができるのか、またどんなことに注意すればよいのかを、夢を読み解くことによって知ることができるのです。

 

普段閑雅もしない思わずアイデアや問題解決のための手がかりなども夢で知ることができます。こうした夢についてアドバイスをするのが、夢占い師や夢鑑定士という職業なのです。

 

自分の見た夢をプロによって夢占いしてもらえば、どうしてこのような夢を見てしまったのか、今の自分の精神状態や深層心理なども知ることができるでしょう。

 

実際にカルチャースクールでは、夢占いなどの占いの講座に人気が高まっています。
自分で夢占いをすることができれば、自分の心にかけている問題や深層心理などを知ることができますので、幸せな将来を手に入れるための道しるべにもなることでしょう。

 

夢の特徴に応じて深層意識が分かる

 

自分が見た夢について、はっきりと覚えているものもあれば、夢を見たのは確かだったのに、目覚めてみたらどんな夢を見ていたのか、すっかりと忘れてしまったというケースもあるのではないでしょうか。

 

また夢の内容が、バラバラで次々と場面が変わり、それに応じて自分の気持ちも左右させられるという経験も誰でもあることでしょう。夢は夢を見た人の記憶から作られており、脳は寝ている間、記憶の整理を行っています。

 

自分の経験したことや、自分が感じた感情や思いが潜在意識となってわかりますので、夢の特徴に応じて、深層意識を知ることができるのです。

 

どのような精神状態であった場合に、どのような夢を見るのかを統計的に調べたのが夢占いでもあるのです。

 

それによってその人の心の中に抱えている問題や不安、将来に起こることなどを判定するのが占いでもあるのです。

 

例えば、夢の中で裸であった場合、自分の本当の気持ちや感情が夢の中で現れている状態です。学校や職場などの社会の束縛から逃げ、自由になりたいという気持ちの現れや、仕事がなくお金もないという状態を現わしている場合もあります。

 

また自分で服を脱いで裸になる夢の場合は、新しい自分に生まれ変わりたいという願望が深層心理として現れている場合もあるでしょう。他にも服をなくしてしまい寒い思いをしている場合は、自分が大切にしているものを失う予知夢である場合もあります。

 

赤ちゃんの夢を見た場合は、結婚しているカップルの場合であれば、将来、赤ちゃんができる予知夢である場合もあります。また父親や母親になりたい、赤ちゃんが欲しいという深層心理が働いている場合もあります。

 

他にも人生の転機を迎える場合や、チャンス到来という予知夢である場合もありますし、赤ちゃんのように誰かに甘えたいという願望が深層心理として夢に現れた場合もあることでしょう。

 

このように裸や赤ちゃんという同じ対象物の夢であるにも関わらず、夢を見ている人の現在の様子や精神状態によって夢占いの判断の仕方が様々あります。

 

正しい夢占いを行うためには、まず本人がどのような環境に置かれているか、どのような心理状態であるかなども合わせて、夢占いをする必要があるでしょう。

 

力の強い占い師になるのに役立つスキル

 

現在、女性の習い事として人気が高いのが占いです。

 

カルチャースクールでは、こうした占いの講座を様々設けており、いろいろなものがあります。

 

手相やタロットカード、星占いなどは、なかなか習得するのが難しい占いですが、夢占いであれば、本人の努力次第で習得するのが可能ではないでしょうか。

 

自分が夢占い師として活躍するために役立つスキルには、夢鑑定士や夢占い師という資格がありますので、こうした資格を取得されてみてはいかがでしょうか。

 

目標は資格取得ですが、資格取得のために夢占いの勉強をしっかりすることで、自分のスキルや知識を向上させていくこともできるでしょう。力の強い占い師として活躍することもできますので、こうした資格を取得してみてはいかがでしょうか。

 

夢占いの勉強や知識を身につけることによって、自分自身で自分の見た夢を鑑定することができます。

 

何故、このような夢を見てしまったのか、夢に込められている意味は何か、自分の深層心理はどうなのかについて、自分自身のことをさらに知る手がかりとなります。

 

占いを自分ですることによって、自分の運気を上げ、幸運をつかみ取ることができますので、一般の方も夢占いに興味があれば、この機会に勉強してみるのもよいのではないでしょうか。

 

また自分自身を占うことができれば、次のステップは他人を占ってみることです。人を占うことは、自分自身を高めることにも繋がりますので、よい経験を積み上げていくことができるでしょう。

 

まずは身近な人から夢占いを行ってみるのもいいでしょう。夢占いを通して、人を幸せに導くこともできますし、幸せになるためにはどうしたらよいのかを具体的にアドバイスをすることもできるのではないでしょうか。

 

こうしていろいろな方を占うことで、自分の実力を高めることができますし、またいろいろな方の夢のパターンを分析することもできるでしょう。こうした経験をコツコツと積み上げることによって、やがて力の強い占い師になっていくことも可能でしょう。

 

プロの占い師として活躍するチャンスも夢占い関係の資格を取得することによって叶えることができることでしょう。

 

自分が夢占い師として活躍するために役立つスキルには、夢鑑定士や夢占い師という資格がありますので、こうした資格を取得されてみてはいかがでしょうか。

要点を紹介するキャラクター

 

スキルアップにつながる占い資格ランキング

スキルアップにつながる占い資格ランキングの中で人気が高いのが夢占い師認定資格と、夢鑑定士です。

 

夢占いの勉強はカルチャースクールなどでも行っていますが、独学で行うことも可能です。

 

夢占いに必要なことは、悩みを解決することや、願望や潜在意識、深層心理などを総合的に判断して、鑑定を行うこと重要です。そのため、どちらかというと女性向きの仕事でもありますので、占いに興味を持たれる方は、資格取得のために勉強を行ってみてはいかがでしょうか。

 

また夢占いは他の占いと比べると、占い師の数が少ないため、狙い目の占い資格でもあるのです。

 

夢占い師認定資格と、夢鑑定士の二つは色々な占いがある中でも、素人の方が一から勉強して取得しやすい傾向があります。

 

画像名を入力

夢占い師の特徴

夢占い師という資格は日本インストラクター技術協会が行っている資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
夢占い師の総評
  • 夢の特徴についての知識を得る
  • 対象者の心理状態や夢の内容を照らし合わせて鑑定する
  • 資格認定カードが発行
公式サイトへ

 

画像名を入力

夢鑑定士の特徴

日本メディカル心理セラピー協会が主催している資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
夢鑑定士の総評
  • 夢占いに関する知識を持ち合わせた人
  • 受験方法も在宅受験で行います
  • 資格認定カードが発行
公式サイトへ
1位:夢占い師

夢占い師という資格は日本インストラクター技術協会が行っている資格です。受験資格はどなたでも受験することができ、受験申請はインターネットからの申し込みになります。また在宅受験で行うことができますので、普段仕事をされている方や家事や子育てなどで忙しい方も、受験しやすいのではないでしょうか。

 

合格基準は70%以上の評価を得ることができれば、合格できます。在宅受験は提出期限までに問題を解き、その後、返却用の封筒で解答用紙を送るだけですので、とても手軽に行うことができます。

 

2位:夢鑑定士

夢鑑定士の資格は、受験資格はどなたでも行うことができます。日本メディカル心理セラピー協会が主催している資格です。

 

受験申請はインターネットから行い、受験方法も在宅受験で行います。合格基準は70%以上の評価を得ることができれば合格することができます。

 

占い師として活躍するためには、できればこの二つの資格を両方持っていれば、占い師としての活躍の場が広がりますので、お勧めでしょう。

 

資格取得後は、占い師として活躍する他にも、自宅やカルチャーセンターなどで講師として就業することも可能ですので、独立や起業しやすい仕事でもあります。

 

女性の方も夢占い関係の資格を取得することによって、社会に出て働く機会を得ることができますので、この機会に夢占い関係の資格を取得してみてはいかがでしょうか。

 

一番のおすすめは「夢占い資格」

一番のおすすめは夢占い資格
女性に人気が高いのは占いの講座
夢の特徴についての知識を得る

占い関係の資格がいろいろある中で、一番のおすすめは夢占い資格です。

 

特に夢占い師認定資格と、夢鑑定士の二つは、現在、注目度の高い資格ですので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

カルチャースクールの中で女性に人気が高いのは占いの講座です。

 

占いそのものが女性の趣味として人気が元々高いというのも理由の一つなのですが、プロの占い師として将来活躍したいという方もカルチャースクールに通われている方が多いのです。まさに占い師は占い好きな女性にとっては花型職業なのかもしれません。

 

手相やタロットカード、四柱推命などの占いがありますが、習得するのに長い年月が必要ですが、夢占いの資格であれば、初めて占いを勉強される方にとっても、習得しやすい資格でもあります。

 

夢の特徴についての知識を得ることと、占い対象者をカウンセリングしながら占うことによって、対象者の心理状態や夢の内容を照らし合わせて、鑑定することができるからです。そのため、他の占いに比べると、占い師への道が早く開けることでしょう。

 

また夢占いの資格を保持していることによって、資格保持者として活躍することができます。夢占いを行うには、特別な資格がなくても行うことができますが、やはり資格を持っていた方が、しっかりと夢占いに関する知識を持ち合わせた人だと、判断されますし、信頼度にも違いが出てくるのではないでしょうか。

 

また夢占い師として雇用される場合においても、やはり資格保持者の方が雇用する側にとっても安心ですし、実力を兼ね備えた人だと評価されますので、給与面の待遇にも大きく差が出るのではないでしょうか。

 

夢占い資格は、短期間の勉強でも努力次第で資格を取得することができます。

 

例えば日本メディカル心理セラピー協会の夢鑑定士の場合ですと、合格後は資格認定証や資格認定カードが発行されますので、認定証やカードを掲示すれば、信頼できる占い師だと判断してもらうことができるでしょう。

 

日本インストラクター技術協会主催の夢占い師でも認定証の発行を行っています。
こうした認定証も合格した際には必ず発行手続きをしておくと、仕事の幅を広げることができるでしょう。

 

夢占い資格講座はこちら

 

まとめ

夢占いは自分が見た夢の中で自分のやりたいことや自分の本当の気持ち、深層心理などが現れるため、的中率が高い占いでもあります。

 

人の意識には顕著意識と意識していない顕著意識という二つの意識があります。この潜在意識の部分が夢に出やすいため、夢は自分の本当の気持ちを探るための手がかりになる場合もあるのです。

 

脳科学的に見ても、夢を見ている間は、視覚をつかさどる大脳皮質や動きなどを感知する部分が活発に動いている状態であるため、普段の常識を飛び抜けたアイデアが浮かんだり、自分の心の奥にある深層心理などがあらわになる時でもあります。

 

夢を見た後に、その夢について考えることは、自分の心理状態を把握することができるため、夢について鑑定したり、占いを行うことは的を得た占い方法でもあるのです。

 

夢占いは、占い対象者の心理状態を把握しながら、何故このような夢を見たのかと謎解きながら鑑定する仕事です。

 

占い師には様々なジャンルの占いがありますが、夢占い師はまだ数が少ない状態ですので、資格を取得するのであれば今がチャンスの時でもあるのです。

 

夢占い師認定資格は日本インストラクター技術協会主催の資格です。夢鑑定士は日本メディカル心理セラピー協会の資格ですので、主催者もしっかりとした協会ですので、資格取得後は認定証の発行も必ず行っておきましょう。

 

認定証があるだけでも、占い師として活動する幅もチャンスも広がります。また雇用される際にも、資格取得者というだけで、給与面でも優遇されます。

 

占い師として活動するには、このような資格がなくても営業活動をすることはできますが、やはり資格を持っているだけでも、信頼できる占い師だと判断される材料にもなりますので、資格はできれば保持していた方がよいといえるでしょう。

 

資格を取るためには、インターネットから受験の申し込みを行い、在宅で受験することができますので、仕事やプライベートで忙しい方でも、無理なく資格を取得することができます。

 

資格試験のために身につけた知識も、自分の夢を占うだけでなく、プロとして活躍することができますので、将来きっと役立つ資格になることでしょう。

更新履歴