深層心理を学ぶためのコツ

夢から深層心理を読み解く

深層心理というものは当人が隠しているものではなく、いつの間にか表面上に現れなくなった心理やそもそも意識せずに持ち続けている心理のことです。つまり、深層心理は当人にも分からないものであり、科学的にあぶり出すことも難しいため、夢占いによって鑑定することが有効と言えます。ただ、夢占いとは悲しい夢なら悪く、楽しい夢なら良いといったものではありません。専門の知識を身について的確な占い結果を導き出すことが求められます。そのための資格も存在し、取得のために勉強している方が多くいらっしゃいます。

 

夢占い師とは

夢占いに関する資格の中でも夢の意味を読み取る能力を持つ方に贈られるのが夢占い師です。この資格を持っていると自宅やカルチャースクールなどで講師として働くことができます。もちろん、自分の夢を客観的に分析することも可能なので、深層心理を読み解くコツも見えてきます。受験資格は特になく、受験料の1万円を支払えば誰でも受けることができます。受験申請は自宅で行えて、受験は家にいながら出来るため気軽に受けられる試験と言えます。試験期間中に解答して、それを期限までに郵送するだけで良い仕組みです。

 

夢鑑定士とは

夢占いに関する他の資格としては夢鑑定士もあります。この資格では夢からその人物が持つ特性や願望を読み取り、実際の問題解決に対する助けを行う能力が求められます。こちらも受験資格などは無いので気軽に受けることが出来ますが、単に占いに関する知識が豊富なだけでなく、目の前にいる方の深層心理を見抜く洞察力も求められます。夢鑑定士として働くうちに深層心理を見破るコツが身についてくることもあります。効率的に学びたい方は通信講座などを受講することで、時間に縛られずに勉強できます。

 

まとめ

夢占い師にしても、夢鑑定士にしても特別な勉強が必要な資格なのでカルチャースクールや通信講座を受講することをお勧めします。一時的には費用がかかりますが、その後自分がカルチャースクールなどで教える側に回ることでかかった費用を取り戻すことが出来ます。また、その勉強の最中には深層心理を読み取ることに慣れていき、自分の知らない自分に出会える可能性もあります。加えて自らの夢を分析する癖が付いてきます。すると、それが自分の目の前にある難題を解決するきっかけになったり、一歩踏み出す勇気を生んだりします。

関連ページ

予知夢の占いと分析の注意点
夢占いは相手の夢の内容について聞くことで、潜在意識ではどう思っているのか・どう感じているのかを判断し分析するものです。特殊な能力を使って相手の未来を占うというようなことではありませんから、正しく分析するにはそれなりの量のデータが必要となります。
動物が出てくる時の夢占い分析
印象的な夢を見ると、それがどんな意味をもつのか、何を啓示しているのか知りたくなります。そんな時に活躍するのが、夢占いです。
夢占いで分かる潜在意識
夢占いとは心理学者のフロイトが提唱したことから広く世界中に伝播したもののひとつで、眠っている間に見た夢の内容によってその人の深層心理を分析し、現在抱えている問題や、過去にあった重要な出来事などを紐解き、トラブルの解消に役立てるというものです。
深層心理を自己分析しよう
ストレスの多い現代社会において、自分の本当の願望や、心の奥にしまいこんでしまった本当の考えなど、深層心理をしっかりと把握することは非常に重要です。