動物が出てくる時の夢占い分析

夢で動物が出てくるのは、どんな意味?

印象的な夢を見ると、それがどんな意味をもつのか、何を啓示しているのか知りたくなります。そんな時に活躍するのが、夢占いです。夢占いは、自身が気づかなかった深層心理が分析できる大切な手段です。たとえば動物の夢を見る場合は、自分の願望や可能性、自身に別の側面があることを表し、生命のエネルギーを象徴しています。夢を見て、楽しい、居心地が良いと思えば吉夢ですが、怖い、つらいと思うようなネガティブな内容の場合は凶夢となります。夢を見た後、自分がどんなふうに感じたかによって解釈の方向性が変わってきますので、その印象をしっかり覚えておくことが大切です。

 

見る内容によって解釈が変化する、動物の夢

動物の夢は、見る内容によって解釈が異なります。たとえば、自分が犬や猫、ライオンなどになる夢は、目標に向かって突き進む、エネルギーに満ちた自身について示唆しています。何かをスタートした時に見ることが多いようです。また、食べる夢は、そのパワーを取り入れたい、と願う欲望を表しています。一方、飼う夢は感情がコントロールできていないことを示し、襲われる夢は病気や怪我の予兆を表すなど、凶夢の側面を持っています。また、どんな種類かも夢の分析に大切な要素で、犬は人間関係を表し、猫は感受性や恋愛、猿は問題解決や嘘に関することを暗示しています。

 

夢を分析する資格がある?

このように、動物の夢だけでもさまざまな側面があり、解釈も異なります。もっと夢について学び、深層心理を理解したい、という方は、夢鑑定士や夢占い師といった資格を取ることができます。夢が示すメッセージやとらえ方、深層心理の分析についてなどを学ぶことができます。資格取得後は、カルチャースクールや自宅で講師として活動することも可能です。夢の内容が示唆することを知りたいと願う人は多く、夢占いなどのカルチャースクールも人気です。そういった方の深層心理を深く分析してアドバイスをすることが、夢鑑定士や夢占い師の仕事です。

 

まとめ

夢を見た時、ささいな内容だったり、起きた時にどんなものだったかを忘れてしまうことは多々ありますが、一方でとても印象的で、起きてもずっとその内容が忘れられないことがあります。その夢が暗示するものは何か、その時の深層心理はどんなものなのかを知ることができれば、生活を送る上での指標となります。最近は、夢が何かのメッセージを示すことが知られていますので、夢を理解し、深層心理に迫るような内容のカルチャースクールが人気です。アドバイザーなどの資格をとることで、夢の内容をじっくり考えたい、という方に向けた的確なアドバイスをおこなうことができます。

関連ページ

予知夢の占いと分析の注意点
夢占いは相手の夢の内容について聞くことで、潜在意識ではどう思っているのか・どう感じているのかを判断し分析するものです。特殊な能力を使って相手の未来を占うというようなことではありませんから、正しく分析するにはそれなりの量のデータが必要となります。
夢占いで分かる潜在意識
夢占いとは心理学者のフロイトが提唱したことから広く世界中に伝播したもののひとつで、眠っている間に見た夢の内容によってその人の深層心理を分析し、現在抱えている問題や、過去にあった重要な出来事などを紐解き、トラブルの解消に役立てるというものです。
深層心理を自己分析しよう
ストレスの多い現代社会において、自分の本当の願望や、心の奥にしまいこんでしまった本当の考えなど、深層心理をしっかりと把握することは非常に重要です。
深層心理を学ぶためのコツ
深層心理というものは当人が隠しているものではなく、いつの間にか表面上に現れなくなった心理やそもそも意識せずに持ち続けている心理のことです。